2017年06月24日

プロキャンバルス・スピクリファー(2017年6月)

   前回の続きです。交尾よりその後、隠れ家に籠りまくっていたメス。
   水替え時も隠れ家周りは極力イジらないようにやっておりました。
supuku170605 006-3.JPGsupuku170605 001-3.JPG

   結果、いつ産卵して孵化したのか正確には不明ですが6月初めには、
   このとおり稚ザリが一人歩き、写真は数匹ですが40程度の稚ザリを得ましたわーい(嬉しい顔)
posted by zarimasa at 15:17| Comment(4) | ザリガニ
この記事へのコメント
お久しぶりです。
青いスピクリファーとても綺麗ですね。
稚ザリたちの成長が楽しみですね。
Posted by pukn at 2017年10月08日 18:24
おお〜puknさん、お久しぶりです。
稚ザリのほとんどが青味の強い個体でしたよ。
今年から来年にかけて別の方から購入した普通色
の個体と去年孵化した青個体をかけて血の入替を
する予定です。北米の珍種で次世代の繁殖?
うまくいくかな?まあ、頑張ります(汗)
そういえば、コーサエの方はどうでしたか?
Posted by 管理人 at 2017年10月09日 23:13
前回は交尾までいったのですが、
脱皮してしまい抱卵しませんでした。

今年は何度か一緒にしているのですが、
まだ交尾の確認はできていません。
Posted by pukn at 2017年10月14日 10:27
あちゃ〜脱皮しちゃいましたか。
一応、冬とかも交尾するかは試したほうが
いいかもしれません。
Posted by 管理人 at 2017年10月15日 07:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: